キャリアの夜明け

大手メーカーを退職し、戦略コンサルタントに転身したドラゴン晋作がキャリア論・ビジネススキルについて語ります。

当てはまったら危険!転職に失敗する人の特徴7つ

f:id:azuma-excited:20180913215326p:plain

転職に失敗したら悲惨だ。
リスクを負ってまでも今までの環境を飛び出したのに、人間関係や仕事内容が合わず、場合にやっては体調を崩すかもしれない。
しかも、短期間での転職は市場で評価されにくいし、転職するごとに年収が下がっていって負のスパイラルに陥る恐れだってある。
そんな転職はしたくないはずだ。

そこで、今回は転職が失敗に終わっていた人から見た共通点を7つ書いていく。
もしあなたが転職をしようとしていて、何かしらに当てはまったら注意だ。

1.負のオーラを身に纏っている

最も失敗しやす人がこれだ。
これだと間違いなく面接が上手くいかず、本当に自分のポテンシャルに合った企業に受からなくなる。
辞めたいオーラがプンプンだからだ。
私も不本意な異動を言い渡され直ぐに転職活動を始めたが、面接がまっっったく上手くいかなかった。
今思うと、現職をやめたいという負のオーラが強すぎて面接官からの印象が悪かった。
こうなると、面接に落ち続けてしまって受ける企業のレベルがどんどん下がってしまう。
結局、待遇の悪い企業に働かざるを得なくなるので再度転職したくなってしまうのだ。
でも、そんなジョブホッパーを市場はあまり評価してくれない。

2.やりたいことが明確でない

やりたいことを基に転職すると何がいいって、嫌なことに直面しても我慢できるのだ。
世の中に完璧な仕事なんてない。
必ず、不満に持つ部分があるはずだ。
その不満を乗り越えて仕事をするためには、自分の目標や目指す姿に近づいているという感覚がとても重要になってくる。
やりたいことが明確で転職したら、それだけで満足度を得れるので失敗しにくいのだ。
私の友人も大手銀行に入社して3年で左遷されて苦しい状況だったが、就活のときからやりたかったマーケティングのキャリアに舵を切るのを決めて転職した。
年収が下がったり、会社の知名度が下がって不満に持つところはありそうだが、それでもマーケティングをやれてる感覚が楽しいと言っていた。
なぜ、転職するのか?
そこはやっぱりやりたいことに近づけるからがベストだと思うのだ。

3.企業をよく調べていない

意外と多いのがその企業を隅々まで調べていないことだ。
友人のツテ使ってきくとか、Webサイトで徹底的に調べるという人が意外と少ない。
徹底的に調べておかないと「思っていたの違った。。。」 となり、大きなギャップを受けてしまう。
なので、口コミサイトから何まで徹底的に調べ上げよう。
一応ここに役立つWebサイトのリンクを貼っておく。
あとはTwitterで調べるのもリアルな口コミがあって参考になる。

Vokers
企業の口コミサイトとしてここに敵うサイトはない。
私もこれはフル活用している。

https://www.vorkers.com/

会社の評判

会社の評価が幅広く集まっている。
Vokersほどリアル性はないが、信憑性が高い情報が多い。

会社の評判、口コミ、年収から転職・就職情報まで分かる|カイシャの評判

4.価値観が明確でない 

4つ目が価値観が明確でないことだ。
大きく言うと、家族、健康、仕事の3つの中で優先順位を付けるとしたらどのような順番になるだろうか?
さらには、仕事の軸の中にも、
・知名度
・やりがい
・年収
・周りの人
・社風
・働く場所
・裁量権
・業界/業種
といった項目が続く。
これらをしっかりと優先順位付けられているだろうか?

よくあるのが、意気揚々と大企業を辞めたものの、実はそこまで働くことに人生を咲きたくなかったと気づき、さらには会社の知名度が会ったほうが良いと感じて後悔してしまうパターンだ。
転職することで、何が犠牲になって、何を得れるのか。
そして、それは自分の価値観としっかりと合致しているのか?
十分検証して転職しよう。

5.社内での配置転換を画策していない

転職したいなと思った時、まず一番最初にやるべきことは社内での配置転換だ。
上司や職務内容が起因で転職をしたい場合、異動すれば解決するかもしれないからだ。
ベンチャーみたいな環境だと難しいが、中小企業や大企業だったら人事から広報に言って幸せになれたケースとかは多い。
ただ、部門の壁が厚かったり、どうしても自分のライフプランの中で時間がかかりすぎると判断した場合はスパッと転職したほうがいいだろう。
ただ、全力で配置転換を画策していれば、「あの時転職しなければよかった・・・」なんて後悔することは少ない。
努力してもできなかったからしょうがないと思えるからだ。

6. 現職でやりきっていない

今の仕事に向き合っていれば、それだけ転職を上手くいきやすい。
なぜならそれが顔に表れるからだ。
一番最初にも書いたが、面接官も人なので最初に見た印象で評価が左右してしまう。
もし目の前に今の仕事にやられている人と、仕事の辛い部分を乗り越えて更に成長を求めている人の二人がいたらどちらを採用するだろうか?
間違いなく後者のはずだ。
それだけ、現職でやりきった自信があるのは面接結果を左右するのだ。
自分のポテンシャルに見合った企業から内定を貰うことができ、良い転職を達成しやすいのだ。

転職は逃げても良い

よく転職は逃げちゃだめだという言葉があるが、断言する
全然、逃げても良い!!
貴重な人生で満足度の低い場所に居続けるなんて無駄でしかない。
もちろん、逃げないことで得れる経験もあるが、「もうどうしても無理だ」と思ったらすぐにその場を離れるべきだ。
逃げるにも、準備万端で逃げようというのが今回の主旨だ。

そして、元も子もないが、どんな選択をしたとしても、それを成功とするか失敗とするかは自分次第だ。
転職を経験した先輩から「悩みに悩み抜いた答えは、正解だ」というアドバイスを貰ったことがある。
私はこのアドバイスで心がフワッと軽くなった。
どんな決断・行動をしたとしても、結局その決断を成功に導いていくのは自分次第だと思うと人生が楽しくなる。
自分の人生に責任を持って、自分で切り開いていこう。