安易な転職は危険!転職したいと思った時にするべき5つのこと

f:id:azuma-excited:20190112210651j:plain

あー転職したい!
上司が嫌だ、仕事がつまらない、給料が低いなど色々な理由で転職したくなるときありますよね。
どんな仕事でも必ず嫌な側面があるので、それを乗り越えるほどのモチベーションが保てなくなった時、「仕事を辞める」ことに向き合うことになります。


だけど、周りから相談を受けていて
その転職はやめるべき!まず現職でやり残しことがあるよ!」と声を高らかに言うときがあります。
そこで、今回は転職をしたいと思った際に必ずやっておくべきことを紹介したいと思います。

1. キャリアの棚卸し

最も重要で一番最初にやるべきなのがキャリアの棚卸しです。
転職するにしても自分がどのような方向に進みたいか?何故転職したいのか?をじっくりと理解する必要があります。
そして、それは内省することでしか得られないのです。

簡単なキャリアの棚卸しとしては、過去から未来への時間軸で考えることです。
大学時代→最初の会社→現職→将来の自分の軸でトライしてみましょう。

それぞれの期間において自分がやった仕事で楽しかったこと・嫌いだったこと・できるようになったことを列挙しましょう。
そうすれば、 仕事面で自分の志向性が大分わかるようになるはずです。

もし転職するにしても仕事で①楽しかった②できること③やりたいことをかけ合わせた軸で志望すればいいです。
そして、しっかりと自分が転職したい理由を言語化しましょう
人間関係、仕事内容、ワークライフバランスなのかなんでもいいが、それを認識せずに転職してもまだ同じ環境に陥るかもしれないからです。

2. 最後に現職に打ち込んでみる

「仕事の成果がでない・仕事がつまらない」といった理由に最も効果的なのが、現職に打ち込んでみることです。

もう体が壊れる寸前まで働いていてこれ以上は無理!となっている人は不要だが、仕事が嫌で心ここにあらずな人は最後にあがきましょう。

私も平均年齢63歳の部門に飛ばされシステム入力と宅配便の伝票作成をひたすら繰り返す仕事に従事することになって嫌気が差したことがありましたが、覚悟を決めて一回打ち込んでみたことで大分考えが変わった経験があります。

どんな仕事にも改善の余地はあるし、仕事ができるようになって人から感謝されるとやりたくない仕事でも充実感・やりがいが生まれるからです。

なので、転職を思い立ったてもまずは最後のつもりで現職に打ち込んでみましょう。
できれば半年くらいがいいですが、3〜4ヶ月でも十分です。
その結果、やっぱり駄目だ!となったら迷わず転職しましょう。
現職でやりきった思いがあると、「あの時もっと頑張ればよかった、、、」と後悔することもないですし、転職活動でも自信に溢れて面接できるのでメリットしかないです!

3. 社内での異動を模索する

これは人間関係、労働時間、仕事内容のどれでも原因で悩んでいる人に効果的な処方箋です。
転職を考えたらまず、やるべきことは社内で次の居場所がないかを考えることです。
キャリアの棚卸しで自分の志向性を理解しているはずだからどんな仕事があるかを社内で探り興味があるポジションに自分を売り込みましょう。
上司が嫌であったとしても異動してしまえば簡単にリセットできます。
新しい会社に行く方が大変なことが多いし、ならべく変化する要素は少ないほうが環境への順応が楽です。

ただ、小規模なベンチャーで異動しても環境の違いに大差がなかったり、ルールに厳格な大企業だと異動のハードルが高くて現実味がなかったりします。
または、そもそも会社の志向性が自分とマッチしてなかったりもしますよね。
そんな場合は、社内での異動をあまり模索する必要はありません。

4. 信頼できる人に相談する

これはならべく社外の人がいいです。
そして、社内の人には原則、相談しないでください。
いつ誰が口外するかわからないですし、もし転職活動がバレたら仕事が任されなくなったり、結果的に転職しなくても現キャリアが傷つくので大変です。
もし、相談するとしたら別企業から内定を貰ってからにしましょう。
そうすれば現所属先で立場が危うくなったら、思い切って辞められます。

話を戻します。
社外の信頼できる人に自分の強みや弱み、志向性を相談して自分が転職すべきがどうかを聞いてみましょう。この時はならべく利害関係が発生しないほうがいいので転職エージェントとかは避けよましょう。
基本的に転職する方向に話をもっていきがちです。

できれば経験が豊富で転職経験もある人が良いです。
Twitterでキャリアを積んでいる人や週間ダイヤモンドなどでキャリア相談を募集している人でも有効だったりしますよ。
参考としてTwitterでキャリアに有益な情報を発信してくれるアカウントはこちらにまとめています。(もちろん私でも大歓迎で相談受けます)
転職・キャリアに至極のアドバイスを貰えるツイッターアカウント5選 - キャリアの夜明け
ただそのアドバイスを真に受け取るのはやめましょう。
あくまでも1つの意見として受け止めて最後は自分で判断することが大事ですよ。

5. 転職の失敗例を把握する

転職はとてもリスキーなので数多くの失敗例があります。

私もコンサルに転職しキャリア的には満足してますが、メーカー時代には考えられない労働時間は中々にしんどいです。
リクルートに転職した同期は、転職後3ヶ月で転職を凄く後悔していました
社風の違いにフィットできず、もっと働きたいと思っていたものの、いざ夜10時まで働くと自分の時間をもって家庭に時間を割きたいと強く思ったそうです。

特にファーストキャリアだと、仕事における重要軸が不明瞭で、違う環境に飛び込んで初めて分かる価値観というのが往々にしてあります。

結果的に自分の価値観が明確になるのはいいことですが、後悔してしまうのはとても残念なことですよね。

なので、転職の成功例と同時に失敗例も触れておきましょう。
Webサイトが多くが、基本的に転職を推奨したいので成功例にスポットライトを当てています。
想定外がないよう準備するのが大事ですね

まとめ

私が思う転職したいと思い立った際にやるべきことのリストです。
基本的に多くは簡単にできますが、問題は2.「現職への打ち込み」ですかね。
既に離職したいという思いがある中、再度現職に向きあるのは苦しかったりします。

でも、今では本当にあの経験があってよかったなーって思えます。
みなさんもぜひ焦らずじっくり自分と向き合い、悔いのない決断ができるよう応援しています。