断言する!中途採用の転職面接はこの3つの質問で内定の合否が決まる

f:id:azuma-excited:20190112210942j:plain

中途の転職活動において一番の合否の分かれ目は面接です。
何を聞かれるかわからない面接に向けて準備するのは、ストレスがかかります。
私も最初は分けがわからず網羅的に準備しましたが、多くの面接を経験して行く中で次第に、どの質問に上手く答えれば面接を高確率で通過できるかがわかりました。

しかも、結局は3つの質問なんですよ。
そこで、今回は転職面接で必ず聞かれて、かつ明確な答えを提供すれば高確率で通過できる回答方法をご紹介します。

1. なぜ今の会社を辞めるのか

転職するのは基本的に現職に不満を抱えているためですが、まずはこの質問に上昇志向で答えられるかどうかがとても重要です。

例えば、今の職種が営業だとすれば、「今、私が担当している商品は有形で販売価格が数百万円単位なんです。次は無形で数千万単位の商品を売りたいと思います」って感じですかね。
もしくはマーケティングであれば「今のイベントは週に1回、予算も何十万円。本当にやりたいのは半年に一回で予算が何千万つくような仕事なんです」
とかです。

このように現職でも成果を出しているけど、もっと高みを目指して規模を大きくしていきたいという上昇志向のストーリーを見せれるかが大事ですね。

2. なぜその仕事が自分でしかできなかったのか 

これが超絶重要な質問です。
面接において現/前職における実績を説明をすることになりますが、その際になぜその仕事が自分にしかできなかったかを説明できれば高く評価されます。

例えば、ある顧客から1億円の案件を獲ったというエピソードを説明するとき、「なぜ自分でなければいけなかったのか」「なぜ自分だったから注文が獲れたのか」を説明できると面接は受かります。

別に金額の単位は関係ありません。
単位が小さくてもその人のユニークな所を面接官が理解できれば、会社の改善点に対し求職者がどのように活躍するかをイメージできるようになるんです。

つまり、自分の仕事の独自性を噛み砕いてあげることで、その実績の再現性や入社後の働きを面接官がイメージできるのです。
そこまで、イメージさせてしまえばあとはこっちものですよ。

3. なぜ貢献できると思うのか

f:id:azuma-excited:20190103104039p:plain

よく面接は恋愛と言われるが、この質問がどれだけ相手のことを考えているかを問われます。
端的に言うと、企業のビジョンと改善に対して、求職者のビジョンと強みが合致していれば間違いなく受かります。

上図でそれを示しています。
矢印の棒が個人のスキルだと思ってください。
長ければ長いほど、スキルが高く、向いてる方向はその人のビジョンを表しています。
もちろん、企業自身もビジョンを掲げているので、その方向に向かって社員全員で邁進しているわけです。
企業が採用したいのは、企業ビジョンと同方向を向いていて、その人の強みが最大限に貢献される【OKな例】みたいな人です。

だが、そんな人はほとんど転職市場に出てきません。
なので【まずまずな例】のようにスキルが多少しょぼくても会社の方向性とある程度合致していれば採用したりします。
一方で例えスキルが凄くても、その人の方向性が会社と合致していなければ採用しません。

具体例を上げますと、例えば近年TOYOTAはAIに力を入れ、モビリティアズアサービスの実現を目指してます。
そんな中で、AIのトップレベルの開発スキルを持っており、今後自動運転の発展に貢献したいといったような人が現れれば間違いなく採用します
一方で、AI開発スキルがすごく高くても、「面白いゲームを作りたい」がビジョンのDeNAのゲームプランナーとかは採用しようとしないわけです。
どんなにスキルがあってもビジョンの方向性が合致していないからですね。

全体の方向性が合った上で、自動運転の中でもなぜトヨタなのか、トヨタが大切にしていることに対して自分の具体性がどれだけ貢献できるのか。
もっと簡単にすると、「あなたが目指してる姿ってこうだよね。そのためにはこれらが必要だよね。それ私が誰よりも解決できますよ」
ここを超リアルに説明できれば間違いなく受かります。

まとめ

「転職 面接 質問」でぐぐれば多くの質問例がでてきますよね。
でも、面接官が気にしているのは主にこの3つの質問なんです。
これの他の質問はほとんどが枝葉の質問であらゆる角度でその人物に一貫性があるのかを検証しているだけです。

なので、転職をする上で面接は非常に緊張すると思いますが、この3つの質問はバッチリ回答できるように意識してみてください。
あとは、縁の要素も大きいですが、きっとみなさんにとってベストな企業に内定をもらえるはずです!