Twitterに再挑戦!『誇れる実績』がなくても『夢への生き様』で勝負する

f:id:azuma-excited:20190513184254p:plain

どうも!ドラゴン晋作です。

早いもので私は4月から社会人6年目になったんですが、6年目にもなるとまぁそれなりの経験を積むわけです。
せっかくなので「今までの経験を体系化させて、多くの人に役立つコンテンツとする」なんて思い、このブログを去年の9月、Twitterも今年の1月に始めました。
「別ブログでスマートニュース/はてブランキングにランクインされたことあるし、3ヶ月でフォロワー2000人くらいはいけるかなー。2000人規模まで行けば役立ってる感があって楽しそうだなー」なんて思ってました。

が、、、完全に甘かったです。
タイ産のマンゴー並に甘いですよ。

 

単純に発信力が乏しいんですが、ブログとはまた違う難しさがTwitterにはあるし、今は本業に一番注力しているので「圧倒的に時間がない」のです。

そりゃもう、本当に大変なんです。
去年の4月にコンサルに転職したんですが、コンサルの労働時間を舐めてました。
(先月は残業時間が140時間オーバーですよ!?)
土日もプロジェクトに向けた勉強をしているのもあって、ツイッターを更新する余裕がございません。

そこで、先日ついにギブアップ宣言をしました。

こちらですね。
もう、フォロワー2000人どころか1000人も目指しません。
「幕末の武士の如く熱いメッセージを発信して、多くの人を勇気づけたい」そんな思いで、背伸びして偉そうにツイートしてましたが、皆様の心に染み入る格言を今の自分が言うことはできません。

外コンのアカウントってゴリゴリの正論を振りかざして、難解なことでも俯瞰的視野からズバッと的を射たこと言うじゃないですか。
あんなイメージも狙ってましたが、自分のキャラじゃないので無理でしたね笑

なので、フォロワー数を目標にするのとか辞めて、「等身大x自分のペース」をキーワードに日々仕事や勉強を通して得た学びをアウトプットしようと。
アウトプットすること自体が自己成長に繋がるし、そこに人数の多寡は無関係と考えがガラッと変わったのです。
それに、こんな自分を「227名の方がフォローしてくださっている」。その事実に感謝して愚直に日々の学びをツイートしていこうと思いました。

そんな時、アフロさんのこの記事に出会いました。

afro-three.com

もうね、、、
すごい良記事ですよ!
オープニングの「令和は個人の時代であり、SNSがますます重要になると言われています。」という一文で、「安易に諦めて、乏しい発信力を鍛えなくていいのか?」と自分に問い直すんですよ。

そしてね、その後に続くノウハウがまたとても分かりやすいんです。
今まで「Twitter フォロワー 増やし方」で検索して色々試しました。
有料Noteも買ってせっせとトライ&エラーをしました。
でも、なんかしっくりこないんですよね。

「もう無理かな・・・」って思った自分の弱った背中をスッと押してくれて、「もう一度頑張ってみようかな」と勇気づけてくれるすごく温かみのある記事なんです。

やっぱりアウトプットするからには、並べく多くの人に届けたいのです。そのほうが日々継続する意欲が高まりますからね。
流石にアフロさん並のスピードは難しいのでもう一度「3ヶ月でフォロワー数2000人」を目指してTwitterに力を入れてみようと思いました。

でも、正直いうと尻込みしてしまいます
前述したように今の私は、本業が第一優先で、そこまでTwitterに時間を割きたくない。通勤時間の1日30分くらいが限度です。

質で勝負できるほどツイート力もないし、このように目標を公言するのが正直怖い。
ただ、今回はあえて公言して挑戦してみたいのです。

何故か?
その理由は、アフロさんの記事を読んで凄く悔しいことがあったからです。 

巷のノウハウに惑わされ、自分を見失う

ツイッターのフォロワー数を「楽して簡単に増やそう」と巷に出ているノウハウをひたすら取り入れてました。
でも、そんなことしてたらいつの間にか自分を見失っていたんですね。
それを気づかせてくれたのが、アフロさんの記事でした。

アフロさんの記事で紹介されているノウハウは以下10個です。
(詳しい内容は、本記事をチェックしてくださいね)

【無料】1ヶ月でツイッターのフォロワーを0から2000人に増やした方法

①SNSアカウントには独自性が必要である
②ビジョンが独自のアカウントを作り出す
③フォロワー獲得はプロフィールが8割
④インフルエンサーからリツイートを得てバズらせる
⑤バズるテーマ
⑥バズるツイートを作るポイント
⑦推敲と予約投稿をしよう
⑧モテ状態を作ろう
⑨トップのツイートを固定しよう
⑩実はバズるタイミングは決まっている

アフロさんの記事では、「独自性あるビジョンを示すこと」が何よりも大事だとされているんですよ。
見た瞬間に「何をやっていたんだ!」って思いました。

ツイッターで私は、「仕事が楽しければ成果がでる」なんてビジョンを掲げていたんです。
これはフォロワー数が1000人以上の人たち掲げているビジョンを見て「ならべく近しいもの」を意識していました。
要はベストプラクティスに習って一般受けしそうなものを掲げていたわけです。

「身バレするリスクを避け、既に何者であるかのように振る舞って簡単にフォロワー数を増やそう」そんな浅はかな思いが裏にはありました。

でも、本当は大した実績もないのだから、自分の思いや考えを曝け出し、正面衝突するしかなかったのです。
だったら、このような気づきを得たこと、そしてそれを基に再度挑戦する姿をしっかりと発信しようとおもったのです。

というとことで、今回、目標を公言させて頂いたのですが、じゃそもそも「私が掲げる人生のビジョンとは何なのか?」
そこについても触れさせてください。

ただ単に『世界で勝ちたい』 

私の人生のビジョンはシンプルで「世界で勝ちたい」の一言。
「世界で勝つビジネスマンになる」というのが夢なんです。

特に独自性があるビジョンではないかもしれません。
でも、その「ビジョンに向けて挑戦する生き様」はオリジナリティあるストーリーになれると信じています。 

では、なぜそのようなビジョンを抱くようになったのか?

きっかけは、中学2年生でアメリカに移住したことです。
英語も話せないままアメリカに移住して、もの凄く苦労したんです。

教えてほしいことがあるけど、なんと質問してよいのかわからない。
親切なクラスメイトが何か声をかけてくれるけど、何を言われているかわからないずオロオロしていたら、「もういいや」みたいな感じで会話が終わる感じ。

心底悔しかったし、何度も涙が出ました。
英語ができない自分に周りが「お手上げ」みたいな顔をされると、自尊心が傷つくんですよね。

そんな状況で、勇気づけられて、頑張ろうって奮い立たせて私の背中を後押ししてくれたのが、世界を席巻する日本の商品や日本人選手の活躍です。

凄く単純なんですが、新型Playstationの発売やイチローの活躍を通して「Japan is cool!」と言ってもらうと、「すごいな!俺も頑張ろう!」ってなるんです。

今でも世界的に結果をだしている香川選手、錦織選手や大谷選手、ビジネス面でもMITメディアラボの伊藤所長のご活躍を見ると、物凄く興奮します。

だから私も、単純にビジネスで世界に勝って「Japan is cool!」いわせたい。
そして、将来的には、自分がそうであったように「日本から世界へ挑戦していく人の背中を、私が携わる事業なり会社の功績によって後押したい」

「身の程をわきまえろ」や「青くさい、調子乗んな」というお声もあると思います。

でも、『ビジョンに挑戦すること』を我々若い世代の一人一人がしていくことで、おこがましいですが、閉塞感漂う日本の現況を打破する一助になると信じています。

大きな夢です。
実際、現実はとてつもなく厳しいです。

別に私は日本国内でもトップオブザトップの道を進んでいるわけではありません。
大学受験では、東大なんて受けてすらいないし、早慶も落ちました。
本当は「東大を主席で卒業、ハーバードでMBA」なんて言いたいです。

大学卒業後は、意気揚々と社会人になりましたが、新卒で配属された事業部は、3年で事業撤退の判断が下され、仕事で干されるような経験もしました。
そして、新たなチャレンジを求めて転職活動をしましたが、25社に落とされ、自分の実力を思い知らされました。
でも、今もこのビジョンを諦めずに現在はコンサルとして日々仕事に全力で臨んでいます。

「一歩進んで二歩下がる」ことがとても多いのが現実ですが、「だったら次は二歩、その次は三歩進む」という心意気で挑戦しています。

まだ27歳の若輩者です。
この夢が叶うのは40歳、50歳、はたまた100歳になるかもしれません。
それでも、この先長い人生、この夢に向かって突き進みたいと思っています。


うん、、、

何か凄くアツくなりました、、、笑
冒頭と文体も違って完全にキャラが迷子です。
仲の良い友達にしか明かさないような思いですね。
でも、これがありのままなので、素の姿を発信します。

かなり熱くなってしまいましたが、アフロさんの記事には他にも多くの至極のアドバイスがあります。
その内容と今までご説明したビジョンを組み合わせて、こんなプロフィールにしてみました。
最後に私のことをもう少し知ってください。

f:id:azuma-excited:20190510110226p:plain


前のバージョンはこちら。

f:id:azuma-excited:20190510110304p:plain

どうですかね?
なんか凄く良くなった気がします。。。

アフロさんのプロフィールを結構真似てますが、アフロさん、本当にありがとうございます!!

いくつか今回のポイントを説明させてください。
まず@の後にある「志は高く、腰は低く」というのは、割と心掛けていることなので書いてみました。
「偉そうにするよりも、どんな人でもリスペクトして、ならべくフラットに接し、自分は志高く律する」というのがモットーなので。(大して偉くもないですけど笑)

で、「ノリがかる〜い」ってのは、結構周りから言われる一言なので書きました笑
等身大がキーワードなので、ありのままを書いていきますよっ!

その後に書かれている実績の列挙は、アフロさんの記事に書いてある

いろんなツイッターアカウントのプロフィールを見てきましたが、みんな自分の魅力を伝える努力をさぼりすぎです。

インフルエンサーでもないのに、自分の魅力やフォローするメリットを最大限伝えずにフォローしてもらおうなんて、やっぱり無理なんです。

というのを最大限に意識しました。
もう、文字制限に達するまで自分が誇れることをひたすら書きましたよ。

ブログ月収3万はTwitter界隈の人に比べるとショボいですけどね笑
でも、変に背伸びしたりしません。

TOEIC970とありますが、もう4-5年前のスコアです。今受けたら何点なのか分からないので受けません笑

UCLAへの留学は割と自分の中でも誇れることですかね。
映画がすごく好きでロサンゼルスにあるカリフォルニア州立の大学に脚本制作を勉強しにいきました。
先生は、アバターの脚本をサポートしていた人で、アップルやグーグルのストーリーテリングのコンサルとかとしてたらしいです。
自分じゃなくて先生が凄いですね笑

 

最後に学んだこと

かなり長文になってしまいましたが、ここまで読んでくださり、誠にありがとうございます。
最後に1つだけ。
今回の挑戦を決意した上で自分として学んだことがあるので、書かせていただきます。
それは、「真正面から勝負を挑む大切さ」です。

今までは、楽してフォロワーを増やそうと無闇に背伸びしたり、自分の実績を誇張していました。
でも、本当に大切なのって自分の現実や弱みをしっかりと見つめて、その上でどう目標を達成できるかを考えることだったなと。
社会人6年目になり、「自分の強み」みたいなものができると、その強みを軸に仕事で成果を出したりしていて、「自分の弱み」への向き合い方を忘れてました。
自分の弱みを克服するのに、近道はないですよね。

改めて、自分はまだまだ「Twitterで直ぐに人気を博せるほどのリアルの実績はない」という現実を受け入れ、それでも自分の夢に目掛けて日々挑戦し、成長していく姿を皆様に楽しんでいただければと思います。

それでは、どうぞよろしくおねがいします!
とりあえずは前述した目標達成のためにがんばります!
Lets`s do it!