準備が命!メーカーから外資コンサルへ転職できたノウハウと対策

f:id:azuma-excited:20190113171707p:plain

中途で外資コンサルへ転職する人が近年多い。
かくいう私も新卒は大手メーカーに就職し、4年後に外資コンサルへ転職することにした。
今やかなり門戸が広がっているが、トップファームへ転職するには依然として難易度が高く、私も半年間という長い月日をかけて転職を成功させることができた。
転職後に改めて思うのはコンサルへ転職するにはコツとノウハウが必要ということ。
そこで、今回は私が外資コンサルへの転職を通して得たノウハウと対策ポイントを紹介したいと思う。

外資コンサルとは

まずは簡単に「外資コンサルとは」から始めよう。
そもそも経営コンサルティングファームとは、顧客となる企業の経営上の課題を解決する手助けをすることだ。
よく企業のお医者さんと言ったりする。

そして、そのコンサルティングファームには日系と外資、そしてその中でも戦略と総合と大きく二分することができる。
表にするとこんな感じだ。

f:id:azuma-excited:20190113174226p:plain
戦略系の主なプロジェクトは全社戦略策定・事業戦略策定。
対して総合系は戦略策定から業務改善、ITシステム導入をメインにしている。

一般的に戦略系のほうが総合系よりも入社難易度が高いとされている。
戦略系は100~300人の規模だが、総合系は2000~3000人のため在籍人数からみてもその理由は一目瞭然だろう。
ITシステム導入などのプロジェクトだと人を多く当てる必要があるためどうしても総合系は人数が多くなる必要があるのだ。
格としても外資のほうが日系よりも高い。
それだけ歴史があるし、グローバルネットワークの強みがあるからだ。

ノウハウと対策

では、ここからどのように外資コンサルへ転職するためのノウハウと対策について説明していこう。
外資コンサルは面接が全てみたいな所があるが、勝負の半分は面接前で決まっている。
なので、ここでは面接前と面接の2段階に分けて説明していくぞ。

面接前

面接前に取り組むべきポイントは2つある。

1. Webテスト

就活のときに受けたかもしれないが、コンサルへ転職したいならまたこのWebテストに苦しむことになる。
そしてその難易度は就活のときよりも断然高い。

過去問も出回ってないし、就活のときのように答えが用意されているわけでもない。
腰を据えて対策する必要がある。
正攻法でいくなら以下の書籍で練習するのがいいだろう。

新テスト対応版 MBA留学 GMAT完全攻略
上・中級公務員 標準判断推理―確かな解答力が身につく“基本書”

2. 現職の実績

当たり前であまり求職者が気づいていないことだが、基本的に企業が中途採用をするときは他企業のエースがほしい。
しかし、エースは中々転職しないことを分かっているので、求職者がある程度の要求水準に達していれば採用するのだ。
なのでポイントは、「こいつはエース級だったんだな」と面接官が印象を抱けば採用納得度がかなり高まる。

ではどうすればいいか?
とにかく現職で自分が誇れる実績を出そう
コンサルに行くのであれば現職においてもコンサルチックな実績を出しているととてもウケる。
ちょっとした業務改善でもマーケティング戦略で数値データを基に新たな示唆を出したとかでも良い。
とりあえず、自分だからできた実績を残すことに注力しよう。

面接中

コンサルへ転職したかったら面接が命だ。
ここで「こいつはお客さんの前に出せるか?」「論点を与えたらそれなりのロジックを作ってくるか?」という観点をかなり厳しくチェックされることになる。
そして基本的にWho so?とSo what?で深掘りされることを覚悟しよう。

フェルミ推定・ケース問題

戦略にいきたいのであればこのフェルミ推定は避けては通れない。
・日本にピアノの調律師は何人いるか 
・日本におけるスマートニュースの市場規模を推定し、家電メーカーが相談してきたとして残るべきか、撤退するべきか
・バリ島における観光客の1年間での経済効果はどれほどか。経済効果を上げるにはどうしたらよいか。

などの問題に対してロジカルにそして即答性を持って対応しなければならない。
簡単にいうとこれらのケース問題は慣れだ。
思考プロセスの癖を付けてしまえばいとも簡単に答えられるようになる
そして練習をしっかり行えばあとは面接で余裕をもって答えることができるだろう。

コンサル業界がこの形式の質問を重視する理由は実際の業務においてそのような推定が求められるからだ。
顧客に戦略を提案する中で全ての情報が揃っているわけではない。
そういった状況下で不確定要素を推定し、プロジェクトを進めることが求められるのだ。

おすすめは書籍を基にトレーニングするのと、エージェントを活用し、更に日常の隙間時間で対策することだ。
電車に乗っているときでも今の車両に何人の人が乗っているかなど考えるだけで良いトレーニングになる。

志望理由を明確にする

新卒の際はそこまで志望理由が求められないが、中途採用だと如実に求められることになる。
なぜ転職したいのか、そしてなぜコンサルなのか
オーソドックスの答えをするなら、
「現職を通して〇〇な経験をした→将来的に△△をしていきたい→御社はあれこれといった特徴がある→御社で△△を実現していきたい」
といったストーリーだ。
ここにも各発言にWhyの突っ込みが来ることは想定してしっかりと準備しよう。
結局、ここをしっかりと固めて転職に臨まないと転職後にキツイときに乗り越えられるれない。
そういった意味で面接官は厳しくみてくるのだ。

現会社の改善点を明確にする

「現会社の経営上の課題は何か? 」という質問は多くのコンサルティングファームの面接で聞かれる。
そして、「その課題を解決するためにはどのような打ち手を考えるか?」といった質問が続く。
情報が色々入手できる環境下において経営課題を把握できない人材がコンサルティングファームに入社し他社の経営課題を解決するのなんて無理だという認識をもっているからだ。
これらの対策として、自社の経営課題の洗い出し、外部・内的課題に分類し、それぞれの課題を分解した上でどのような打ち手が考えられるかを列挙しておくとよい。
また、合わせて会社として中計におけるKPIや経営目標を再度確認しておき、それらに対してどのように実現するかを自分自身でも考えておくべきだ。
自分の仕事だからと思っていると中々に苦戦する。(体験済み笑)

ロジカルシンキング  

もはやコンサルタントの代名詞といってもよいロジカルシンキング。
面接の最中でも求職者のロジカル性は多大に求められる。

といっても、これも正直は慣れの問題だ。
回答するときにいきなりエピソードを話し出すと長くなってしまうので、まずは簡潔に全体感を与えるために「◯◯の仕事で困難を乗り越えました」と述べ、「具体的にのように乗り越えたかというと〜」という流れで詳すと良い。
そしてその理由もナンバリングして答えよう。
「理由は3つあります。1つ目は〜〜、2つ目〜〜、3つ目〜〜」という流れで話すだけでロジカルっぽさが出てウケがよくなる。

マインドの高さ

少し志望理由とも重なる部分があるが、マインドの高さを最後に見せることがとても重要だ。
コンサル業は常に最新の動向をキャッチし自分をアップデートしなければならない。
仕事を通して日本をどのようにしたい。
そのために現在も日々このようなことを勉強しているくらいまで具体性を伴った話をできるととても説得力を持って自分の志望理由が相手に伝わるはずだ。
特に若ければ若いほど現スキルというよりかはマインドの高さとキャッチアップできるか?という観点で見られるのでしっかりと転職をしてどのような自分になりたいかを内省しよう。

最後に

外コンへの道は簡単なものではない。
高学歴のクソ頭いい人たちが半年かけて準備しても落ちてしまうのが外コンなのだ。
そして、日常業務に忙殺されながら面接への対策、そして何を聞かれるか分からない面接に日々臨みにいくのは非常にプレッシャーがかかる。
私もこれを並行して進めていくのはかなり精神的にも疲労した。

だが、入社後はこんなレベルではないほどの労働が待っている。
なのでもし現職と並行して準備するのが大変で辞めたいと思ったらまず転職するのは辞めよう。
転職後に生き残っていくのが大変だからだ。
それらの苦労を乗り越えそれでも外コンへ挑戦したいならぜひするべきだ。
そこで順調にキャリアを積めば選択肢が増え、明るい未来を間違いなく切り拓くことができる。